小谷村

日本アルプス

小谷村のスキー場

日本アルプス

日本有数のスノーリゾートHAKUBAVALLEYのなかでも極上のパウダースノーを堪能できるのが最も北部に位置する小谷村のスキー場。どのスキー場も家族で楽しめますが、特に初心者のスキーデビューに最適なワイドゲレンデを持つ栂池高原スキー場、各種アクティビティを楽しめる白馬乗鞍温泉スキー場、ゲレンデ内でツリーランを楽しめる白馬コルチナスキー場と個性豊かな3つのスキー場が連なっています。

問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

眺望の郷

日本アルプス

国道から林道を約6キロ走ると、小谷村と北アルプスの山々を一望できる「眺望の郷」にたどり着きます。その名が示す通り、北アルプスの山並みと、小谷の里を見渡すことができ、小谷村を代表するビューポイント。のどかな雰囲気が漂い、ボランティアによって手入れされた、四季折々の草花も楽しめます。

アクセス 安曇野ICより約90分、糸魚川ICより約60分
JR大糸線南小谷駅よりタクシーで約15分
入場料 無料
営業期間 5月~10月(冬季閉鎖)
問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

観る

栂池自然園

観る

中部山岳国立公園内(第一種特別保護地域)の標高約1,900mに広がる日本有数の高層湿原。雪解けの始まる6月中旬から7月上旬に群生する水ばしょう、7月~8月にかけてはワタスゲ、ニッコウキスゲなどの可憐な高山植物が咲き乱れ、秋には燃えるような紅葉と四季折々の自然を満喫できます。園内は、遊歩道が整備されていますので、気軽にトレッキングを楽しんでみてはいかがでしょうか。(1周約5.5km、所要時間3時間30分)

アクセス ・車の場合
安曇野ICより約70分、長野ICより約75分、糸魚川ICより約50分

・公共交通機関
JR長野駅「長野・白馬線」約90分
JR南小谷駅路線バス約25分
入場料 大人300円、小人250円(別途栂池パノラマウェイ乗車料が必要です)
開館時間 8:00-16:00(時期によって変更になる場合があります)
営業期間 6月~10月
問合先 栂池山荘 TEL.0261-83-3113

雨飾山

観る

日本百名山の一つに選ばれている雨飾山。新潟県糸魚川との県境に位置し、山頂からの360°の展望が素晴らしい名峰です。2,000mに届かない低山ながら雪深いため多様な高山植物が息づきます。麓にはブナ林が広がり、紅葉時期は多くの登山者が訪れます。天候に恵まれれば、日本海を望めることも。

アクセス ・車の場合
南小谷駅より約40分

・公共交通機関
JR大糸線南小谷駅より村営バス「雨飾高原」下車
入場料 無料
問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

塩の道

観る

かつて上杉謙信が、仇敵である武田信玄に塩を送ったという有名な故事はこの「塩の道」に由来します。塩とともに日本海からは海産物、信州からは麻や煙草という生活物資が盛んに往き交い、庶民の生活を支えていました。現在は小谷村内には当時の面影が色濃く漂う8本の散策路が残り、里山に囲まれた静かな道、険しい山道がかつての風景を偲ばせてくれます。

入場料 無料
営業期間 5月~10月(冬季閉鎖)
問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

鎌池

観る

草を刈る鎌の形に似ていることから名付けられたという鎌池。雨飾山への分岐点あたりから続く、鎌池ブナ小径トレッキングコースはブナの新緑の頃や紅葉の時期、その色彩が目を奪います。鎌池には一周2kmの遊歩道があり、ブナの木などに囲まれた静かな雰囲気が漂います。

アクセス 安曇野ICより約100分、糸魚川ICより約60分
JR大糸線南小谷駅村営バス「雨飾高原」下車徒歩約40分
入場料 無料
営業期間 5月~10月(冬季閉鎖)
問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

温泉

小谷温泉

温泉

弘治元年(1,555年)川中島の合戦の折りに、武田信玄の家臣によって元湯が発見されたと伝えられている小谷温泉。3つある源泉のうちのひとつ大湯元山田旅館は江戸時代に建築された本館が残るなど木造建築6棟が文化庁の登録有形文化財に指定されており、大自然と歴史を感じられる数少ない本物の天然温泉(自然湧出・完全掛け流し)です。ほかにも小谷村には泉質の異なる温泉が多くあり、湯めぐりを楽しむことができます。

問合先 小谷村観光連盟 TEL.0261-82-2233

グルメ・お土産

ぼろ織り

グルメ・お土産

裂いた古布を緯糸として織り上げる「ぼろ織り」は、身近なものを大切に使う山里の暮らしが生み出したやさしい伝統工芸です。村内には、ポーチやコースターなどが販売されているほか、ぼろ織り体験もすることが出来ます。

問合先 小谷村役場 TEL.0261-82-2001

ちゃのこ

グルメ・お土産

地元産のジャガイモ、そば粉、小麦粉を練り込んだ皮に季節の野菜の具を包む小谷村のおやき。他のおやきと違い、ジャガイモを練り込むことにより、柔らかくてもっちりとした食感を楽しめます。

問合先 小谷村役場農林係 0261-82-2001