安曇野市

日本アルプス

長峰山

日本アルプス

安曇野市の東に位置し、犀川、高瀬川、穂高川の三川合流を眼下に見下せる標高933.5mの山。安曇野の田園風景と北アルプスを一望できる絶好のビューポイントとして親しまれています。昭和45年5月に作家の川端康成、井上靖、日本画家の東山魁夷が一同に訪れ、この地からの眺めを「残したい静けさ、美しさ」と絶賛しました。

アクセス JR篠ノ井線明科駅よりタクシー約15分
安曇野ICから約30分
問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

北アルプスパノラマ銀座

日本アルプス

安曇野市は北アルプス常念岳、燕岳、蝶ヶ岳登山の玄関口として、また表銀座縦走路への起点として毎年多くの登山者が訪れています。 整備された登山道、疲れを癒してくれる清潔な山小屋など、初心者でも安心して登ることができる環境が整っています。

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

観る

サイクリングで道祖神めぐり

観る

約600体の道祖神が地域の人たちによって大切に祀られている安曇野。「五穀豊穣」「家内安全」「子孫繁栄」などの願いが込められています。 道祖神巡りならサイクリングがお勧め。JR穂高駅前にはレンタサイクル店があり気軽に楽しむことができます。

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

碌山美術館

観る

数多くの芸術家に愛されてきた安曇野。その功績を讃える美術館をはじめ、国内外の魅力ある作家を扱った個性的なミュージアムが数多くあります。 その中でも碌山美術館は安曇野の象徴的存在 。日本近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)や高村光太郎、戸張孤雁などの生命感溢れる彫刻に出会うことができます。

アクセス 安曇野ICより約15分
JR大糸線穂高駅より徒歩7分
入場料 大人 700円 高校生 300円 小中学生 150円
※「障がい者手帳」をお持ちの方は半額
開館時間 03月~10月 9:00~17:10
11月~02月 9:00~16:10
(入館は30分前まで)
休館日 5月から10月は無休
11月~4月 月曜日と祝祭日の翌日
12月21日~12月31日
問合先 碌山美術館 TEL.0263-82-2094

世界かんがい施設遺産 拾ヶ堰(じっかせぎ)

観る

1816年(江戸後期)、灌漑のために作られた農業用水路。松本市奈良井川の取水口から北アルプスに向かって流れ、のどかな田園地帯を形成し安曇野を潤しています。 堰沿いにはあづみ野やまびこ自転車道が整備され、サイクリング、ウォーキングに最適です。 2016年、世界かんがい施設遺産に登録されました。

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

蓼川(たでがわ)と水車

観る

清冽な湧水を湛える蓼川に回る3つの水車は、黒沢明監督の映画 「夢」の舞台。 安曇野の原風景が広がり、ゆっくりとした時を過ごすことができます。

アクセス 安曇野ICより約10分
JR大糸線穂高駅よりタクシーで約10分
問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

遊ぶ

スノーシューハイキング

遊ぶ

標高900~1,000mの里山エリアではスノーシューを履いて雪上のハイキングが楽しめます。 コーチや案内人の指導の下、野生動物の足跡探しなど安曇野の冬を探検しましょう。(事前の申し込みが必要です)

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

大王わさび農場

遊ぶ

名水百選の1つ「安曇野わさび田湧水群」の一角にある大王わさび農場は、15ヘクタールの広さを誇る日本最大級のわさび田。 わさびソフトクリームやわさびコロッケなど産地ならではのわさびグルメが楽しめるほか、わさび漬け作りも体験できます。

アクセス 安曇野ICより車で約10分
JR大糸線穂高駅よりタクシーで約10分
入場料 無料
開館時間 9:00~17:20(16:30) ※営業時間は季節によって変わります。
休館日 年中無休
問合先 大王わさび農場 TEL.0263-82-2118

温泉

安曇野穂高温泉郷

温泉

北アルプスの麓、中房渓谷・有明温泉からの引き湯で泉質はアルカリ性単純温泉。無色透明のとても滑らかな肌触りが特徴のお湯は、農作業の疲れや痛みを和らげるのに一番と、昔から地元の人たちも通います。 赤松林の中に多くの宿泊施設が点在し、立ち寄り入浴もできます。

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

グルメ・お土産

豊かな風味と辛み、そして甘みが安曇野のわさびの特徴です。 刻んだ「芋」と酒粕を混ぜた「わさび漬け」のほか、芋をすりおろしたものはお刺身はもちろん、ステーキや焼き魚の薬味として。また、マヨネーズと混ぜたり、焼酎に入れたりと、使い方は様々です。

問合先 安曇野市観光情報センター TEL.0263-82-9363

林檎ナポリタン

グルメ・お土産

安曇野産リンゴを使用したナポリタン。基本のトマトソースにリンゴの果実味が活きています。リンゴジュースの入ったソースや刻んだリンゴのトッピングなど、創意工夫にあふれた加盟店舗オリジナルメニューを食べ比べてみては。